2022.11.21
リノベーション

お風呂のリノベーション、どんなものがある?

お風呂は、一日の疲れを癒すための大切な場所。せっかくだから、清潔感のある空間にしたいところですよね。

今回は、そんなお風呂リノベーションの注意点や、費用相場についてご紹介していきます。

 

工法によって異なるお風呂の種類

リノベーションを検討するにあたって、お風呂の種類によって工事内容も異なってきます。そこでまずは、お風呂の工法による違いについて解説しましょう。

最も一般的なユニットバス

お風呂の中で、現在最も多く採用されているのがユニットバス。浴槽や床・壁・天井などのパーツ(ユニット)を工場で製作し、現場で組み立てます。あらかじめ出来上がっているユニットを組み立てるだけなので、安価で工期が短いのが特徴です。

また、つなぎ目が少ないため、漏水や腐食のリスクが少ないのもポイント。そのため、マンションやアパートのお風呂の多くはユニットバスとなっています。

オーダーメイドの在来工法

在来工法は、昔ながらの工法です。通常の部屋と同様、柱や梁を組んで浴室スペースを作り、浴槽や床・壁・天井を作り上げていきます。一から作り上げる完全オーダーメイドなので、素材を自由に選べるのが特徴。

その分、ユニットバスに比べて工事費は高めで工期も長くなります。また、漏水のリスクがあるため、マンションよりも戸建に向いている工法と言えるでしょう。

いいとこ取りのハーフユニットバス 

ユニットバスと在来工法のいいとこ取りと言えるのが、ハーフユニットバスです。ハーフユニットバスは、浴槽と洗い場、壁の下半分だけがユニットになっています。壁の上半分と天井は、在来工法と同じ方法でカスタマイズできるのが特徴です。

ただし、ユニットバスに比べると取扱メーカーや商品数が限られるのが難点。漏水リスクもユニットバスよりは高いので、こちらも戸建向きの工法と言えるでしょう。

 

お風呂リノベーションの注意点

続いては、お風呂リノベーションを行うにあたって、あらかじめ知っておきたい注意点をご紹介します。特にマンションでは、リノベーション内容が制限される可能性があるので要注意です。

お風呂場の広さに注意

最初に注意したいのが、お風呂場の広さについてです。

在来工法からユニットバスにリノベーションする場合、従来の部屋の中にユニットを組むわけですから、従来よりもお風呂場が狭くなります。近年のユニットバスはサイズを細かくカスタマイズできるようになっていますが、元のお風呂場が狭いと感じている場合は要注意。

また、ユニットバスから新しいユニットバスにリノベーションする際には、逆にお風呂場を広くできる可能性もあります。なぜなら、古いユニットバスはサイズが限られていたため、本来のスペースに対して小さなサイズのものが設置されていることがあるからです。

誤ったサイズのユニットバスを選んで失敗、というようなことがないよう、事前にお風呂場の広さを確認しておきましょう。

場所の移動は難しい

2つ目に注意したいのが、お風呂の場所移動は難しいという点です。元から給排水配管がある場所であれば比較的楽に移動できますが、新たに配管を設置する必要があるとなると、大がかりな工事が必要。
さらに、マンションでは排水の関係で水回りの位置が固定される場合があります。マンションの排水管は、傾斜によって各部屋のパイプスペースに接続しているため、傾斜が十分に取れない場所(パイプスペースから遠い場所)にお風呂を移動するのは難しいのです。

追い焚き機能を追加できないこともある

3つ目は、追い焚き機能を追加する場合の注意点です。実は追い焚き機能を設置するには、壁に穴を開けて専用の配管を新設しなければなりません。

ところが、マンションでは壁に穴を開けること自体が禁止されている場合もあります。つまり、マンションのリノベーションでは、追い焚き機能を追加できない可能性があるのです。

 

種類別に見る費用相場

次に、お風呂リノベーションを行う場合の費用相場について見ていきましょう。お風呂の種類によって工事費用が異なってくるため、種類別にそれぞれご紹介します。

【費用相場1】ユニットバスの交換

マンションで最も多いのが、従来のユニットバスを新たなものに交換するリノベーション。こちらの費用相場は50〜150万円程度です。工事内容がシンプルなので、比較的安価に行うことができます。

導入するユニットバスのグレードによってコストが大きく異なり、ベーシックなものであれば50〜70万円程度、ハイグレードなものであれば100〜150万円程度が目安です。

【費用相場2】在来工法からユニットバスへのリノベーション

在来工法からユニットバスへリノベーションする場合、費用相場は65〜150万円程度。ユニットバスのグレードの他、下地補修の要不要によっても費用が異なってきます。

在来工法の場合、タイルの隙間から浸水して、土台や柱が腐食している場合があるのです。下地補修の工事費は5〜15万円程度が目安とされています。

【費用相場3】在来工法から在来工法へのリノベーション

在来工法から在来工法にリノベーションする場合、従来のお風呂を解体し、新たに工事し直す必要があります。そのため、費用相場は50〜200万円程度と高めです。

また、お風呂場の拡張や移動・増築などを行う場合、75〜250万円程度とさらに相場が高めになります。費用を抑えたいなら、既存の場所でリノベーションするのがおすすめです。

 

まとめ

お風呂は水を大量に扱う場所であるため、リノベーションに際しては制限が多いということがおわかりいただけたのではないでしょうか。今回お伝えした工法の違いや注意点を頭に入れた上で、後悔のないお風呂リフォームを実現したいところですね。

以上、今回はお風呂リノベーションの注意点や費用相場についてご紹介しました。

 

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

▼▼施工事例▼▼

miyabiの事例一覧はこちら >> 施工事例

▼▼EVENT▼▼

見学会や相談会はこちら   >> イベント

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

資料請求ページはこちら >> Click Here

ご来店問合せはこちら  >> Click Here

一覧へ戻る
instagram
Pinterest