2022.10.13
インテリア

タッチレス水栓のメリットとデメリットについて

理想の家づくりを進めるにあたって、タッチレス水栓を採用しようか迷われる方も多いのではないでしょうか。

一方、タッチレス水栓のデメリットを知らずに設置してから後悔する人もいるのが事実です。
そこで今回はタッチレス水栓のメリットとデメリットどちらも紹介していきます。

タッチレス水栓3つのメリットについて

①手をかざすだけで水が出る

一般的な水栓では、料理中に手が汚れているのに水栓レバーを触らないといけないので、水栓レバーが汚れてしまったり…
最近では感染症のリスクが増えるのでは…
と、悩まれている方も多いのではないでしょうか。

このような悩みを丸ごと解決できるのが、タッチレス水栓です。

②タッチレス水栓で節水になる

水栓のレバーをひねるのが面倒で、お皿洗いの途中に水を出しっぱなしにしたことはありませんか?

レバーをひねる作業は意外にも手間がかかりますよね。
タッチレス水栓なら、手をかざすだけで水を止める事ができます。

また、オート機能もあるものだと、一定期間で自動的に水が止まります。
節水になるタッチレス水栓は、地球環境にも経済的にもメリットがあるのです。

③水栓の掃除が楽になる

一般的な水栓だと手が汚れているときや石けんで手を洗ったあとにもレバーに触らなくてはなりません。
そうなるとレバー自体が汚れてしまい、掃除するのが大変だったりします。

また濡れた手でレバーを触ることで、水垢やカビの繁殖につながります。
タッチレス水栓なら、レバーに触れる事がないため、汚れたり水垢が発生したりすることが少なくなるでしょう。

掃除の手間が省けますし、いつでもきれいな水回りを保つことができます。

タッチレス水栓のデメリットについて

いいところばかりのタッチレス水栓に思えますが、実はデメリットもたくさんあります。
デメリットも知ってからタッチレス水栓が必要なのか考えていきましょう!

①水量や温度の調整は手動でしなければならない

タッチレス水栓はすべてが自動 という訳ではなく、出てくる水量や温度の調整は手動でレバーを操作する必要があります。
水量や温度の調整が二度手間に感じるかたも多いかと思います。

頻繁に水量や温度を変更する場合には、結局手動と変わらず調整レバーを触らないといけない…と感じる方も。

②勝手に水が出てしまうことがある

タッチレス水栓は、センサーに反応して水が出てくる仕組みです。

触らずとも水が出せることが最大のメリットではありますが、センサーの反応が良すぎて勝手に水が出てしまうことも。

特に、キッチンのシンクで大きいお鍋などを洗っている時やキッチンの掃除をしている時などに、不便に感じる方が多いかもしれません。

③停電時には手動になる

タッチレス水栓は、電気で動いているため、停電時や故障した際には使えなくなります。
とはいえ、水栓自体が使えなくなるわけではありません。
センサーが使えなくなるため、手動へと切り替え一般的な水栓と同じように使います。

④センサーの感度が悪いこともある

センサーの感度が悪く、思うように反応しないこともあります。
しかし最近のタッチレス水栓は、かなり感度が良いためあまり水が出なくてストレスに感じることは少ないかなと思います。

さいごに

タッチレス水栓のメリットとデメリット両方をあげましたが、使ってみるとなんでも必ずメリットとデメリットがありますよね。

だからこそ、デメリットから知ることで取り入れた際にも満足感が増えるのではないかなと思います。

また、実際にショールームで実物を体感してみるのもおすすめです。

お気軽にご相談くださいませ。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

▼▼施工事例▼▼

miyabiの事例一覧はこちら >> 施工事例

▼▼EVENT▼▼

見学会や相談会はこちら   >> イベント

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

資料請求ページはこちら >> Click Here

ご来店問合せはこちら  >> Click Here

 

一覧へ戻る
instagram
Pinterest