2022.10.17
インテリアリノベーション

トイレ×タイルのメリットは?

家族全員が毎日使う場所であるトイレは、住まいの中でも大切な場所の一つ。使用頻度が高く、汚れや臭いが気になる場所でもあります。そんなトイレでは、床や壁にタイルを用いる家も多いですよね。トイレにタイルを使うことは、機能面・デザイン面などさまざまな点から理に適っているのです。

今回は、トイレにタイルを使うおすすめの理由や意識したいポイントを解説。さらに、トイレの床や壁にタイルを使ったインテリア事例もご紹介していきます。

 

トイレにタイルがおすすめな理由

まずは、トイレにタイルを使うのがおすすめな理由を挙げていきます。結論から言えば、トイレにタイルを用いるのは効率的かつスタイリッシュなのです。

耐水性・防汚性に優れていて掃除がしやすい
おすすめな理由の1つ目が、耐水性や防汚性に優れていて掃除がしやすいからというもの。トイレは汚れや水ハネが気になる場所であり、定期的な掃除が欠かせません。木材や石材だとシミになってしまうこともありますが、タイルであればサッと水拭きすればOK。床にも壁にももってこいの建材と言えるでしょう。

耐久性が優れていて経済的
おすすめな理由の2つ目として、耐久性が優れているという点が挙げられます。フローリングなどと比べ、タイルは硬く衝撃に強い素材。特に磁器タイル・セラミックタイルであれば、スマートフォンや本などを落としても傷がつきにくくなっています。メンテナンスがしやすい上に耐久性も高いため、長年使い続けられる経済性の高さも特徴です。

デザイン性が優れている
高級ホテルやレストランのトイレを思い浮かべると想像がつきやすいですが、タイルは高級感や重厚感が出やすい素材。トイレの壁や床に用いることで、ワンランク上の雰囲気を演出することができます。また、表面に艶のあるもの以外にも大理石調のもの、石材を模したものなどデザインのバリエーションが豊富なのも特徴。組み合わせによっては、ポップなイメージや爽やかな印象を生み出すこともできるのです。

 

トイレのタイルを選ぶ上で意識したいポイント

タイルがトイレの壁や床におすすめの建材であることがわかったところで、次にトイレのタイルを選ぶ上で意識すべきポイントを見ていきましょう。

床に使うタイルは冷えにくいものを選ぶ
トイレの床にタイルを使うデメリットとして、冷たくなりがちという点があります。素材によって、冬場はキンキンに冷えてしまうこともあるので要注意。トイレの床にタイルを使う場合には、冷たくなりにくいタイプのタイルを選ぶといいでしょう。

メンテナンス性を重視するなら目地の狭いタイルを選ぶ
タイルと一口に言っても、1枚ごとの大きさや貼り方は多種多様です。注意したいのは、タイルとタイルの間にある目地の広さ。いくらタイルの耐水性や防汚性が高くても、目地に汚れが染み込んでしまうと掃除が大変です。デザイン性を優先するなら話は別ですが、メンテナンスのしやすさを求めるなら目地を狭くするのがおすすめ。

機能性の高いタイルを選ぶと快適性が向上する
タイルの中には抗菌や防臭といった高い機能性を持った製品もあります。トイレ空間の快適性をアップしたい場合には、こうした高機能製品を選ぶといいでしょう。

 

まとめ

トイレにタイルを用いることは、機能面だけでなくデザイン面から考えても効果的であるということがおわかりいただけたのではないでしょうか。一般的なトイレインテリアでは、白い壁+フローリングやクッションフロアという無難な選択になりがち。トイレインテリアにこだわりたいなら、どこかにタイルを入れてみると理想的な世界観を演出できるかもしれませんよ。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

▼▼施工事例▼▼

miyabiの事例一覧はこちら >> 施工事例

▼▼EVENT▼▼

見学会や相談会はこちら   >> イベント

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

資料請求ページはこちら >> Click Here

ご来店問合せはこちら  >> Click Here

一覧へ戻る
instagram
Pinterest