2022.08.25
リノベーション

なぜ今ランドリールームが人気なのか

最近では、ランドリールームのある間取りにしたい、という方も多くなってきています。
共働き世帯や子育て世帯は、毎日ヘトヘトになるほどに忙しく、家事の効率アップが期待できるなら皆様取り入れたいのではないでしょうか。

今回はランドリールームの特徴とメリットデメリットについて取り上げていきますので是非おうちづくりの参考にしてみてください。

ランドリールーム(洗濯室)とは?

よく似たもので、少し前からサンルームと呼ばれるものがありますが、ランドリールームは、洗濯に関する家事をするための部屋です。
”洗う⇒干す⇒取り込む⇒アイロンがけ⇒たたむ”
この工程がすべて一部屋で行えること。洗濯家事の効率がアップします。

ランドリールームがない一戸建ての家では、往々にして1階と2階の往復移動が発生して大変です。これを解消するために、ランドリールームが便利なのです。

サンルームとの違い

ランドリールームとよく似たもので”サンルーム”があります。両者はなにが違うのでしょうか。
サンルームは、屋根や壁をガラス張りにするなどして日光が多く入るようにつくられた部屋のことです。
洗濯物を干すだけでなく、採光やくつろぎにも利用されます。

一方、ランドリールームは洗濯に関する家事の専用スペースです。ただし、洗面脱衣室等とランドリールームを兼用するケースもあります。

なぜランドリールームが人気なのか

忙しい現代人の間で、どうしてランドリールームが注目されているのでしょうか。

その理由として、現代では主流になってきている共働き世帯の家事を効率化できるからです。共働き世帯の方は、暗くなる前に帰宅できなかったり、家事の時間が十分に取れない、という悩みを抱えている世帯が多いのです。

そしてなんといっても、ランドリールームがあると、家事の時短にも有効的です。家事導線が短縮されるうえに、片付けの手間が減ります。
忙しいときは、洗濯用品や乾いた洗濯物を片付けに放置できるのも魅力なのです。

ランドリールームのメリット

ランドリールームのメリットについて代表的な3つをご紹介します。
●洗濯関連の家事がラクになる
●天気の悪い日でも干せる
●外気から受ける汚染も減らせれる

先述のとおりランドリールームがあると洗濯関連の家事が効率的にできてラクになります。無駄な移動をなくしたり、おかたづけの手間を減らしたりできます。

雨や雪、強風の日でも洗濯ができるのも魅力のひとつでしょう。寒い真冬でも外に出ることなく干せて、リビングなどの生活スペースに部屋干しせずに済みます。

また、花粉や黄砂、PM2.5が気になる方の中には、通年部屋干ししたい人もいるでしょう。そんな方にとっても、ランドリールームが強い味方になってくれます。

ランドリールームのデメリット

つづいて、ランドリールームを検討する際に知っておくべきデメリットのポイントを3つご紹介します。以下については納得いくまで検討したうえで間取りづくりをすすめてください。

●建築コストがアップする
●独立した部屋にこもって家事作業をすることになる
●使いにくいと使わなくなる

ランドリールームをつくると床面積や内装工事、電気配線が増え建築コストがアップします。限られた予算の中から床面積をランドリールームに割いてよいのかを検討する必要があるでしょう。

ランドリールームが独立した部屋であることも考慮すべきでしょう。LDKで家族の気配を感じながら家事をしたい方にとっては、ランドリールームはむかないかもしれません。

洗濯機⇒物干し場⇒畳む場所
の洗濯動線だけでなく、他の家事や生活導線との調和も無視できません。使いにくいランドリールームは、いずれ使われなくなります。
動線もしっかり検討してからランドリールームを取り入れるかを考えましょう。

使いやすいランドリールームの間取りと広さ

使いやすいランドリールームをつくるには、何に注意すればいいのでしょうか。
ランドリールームの配置や適した広さについて解説します。

使いやすいランドリールームの間取り・広さの目安

間取り上の配置と方角

ランドリールームは洗濯機以外の家事や生活の動線と調和するように配置してこそ、家事のしやすさに繋がります。
LDKやお風呂、外部の洗濯干し場が何階にあるか考慮して間取りを考えましょう。

例えば、脱衣室と兼用するケースもよくあります。お風呂の残り湯を選択に使うご家庭にもおすすめです。なお、ランドリールームの方角はリビングやダイニングなどを優先して決めるとよいでしょう。滞在時間が長い居室ほど、最適な場所に置くのが鉄則です。

ランドリールームに適した広さ

一般的な注文住宅では、1坪増やすと50~70万円ほど建築コストが増えます。ランドリールームは必要最低限の広さで確保したいですよね。

家族4人分の洗濯物を干そうと思うと、3帖くらいの広さが欲しいところです。2帖ですと少し狭く感じることが多く、4帖あれば広く使えます。

独立した部屋で3帖以上確保することが難しい場合には、脱衣室と兼用にするのがよいでしょう。お風呂と浴室乾燥機を設置すれば、さらに物干し効率がアップします!

ランドリールームを快適に使うためのポイント

最後に、ランドリールームを快適に使うためのポイントをご紹介します。ランドリールームでよくあるお悩みに直結する事項です。しっかりチェックしてから計画することをおすすめします。

●収納

ランドリールームに限らず、間取りに収納が足りなくて困っている方がたくさんいらっしゃいます。必ずランドリールームにしまいたいものをリストアップして、使いやすい容量の収納を設けましょう。

たとえば、ランドリールームにはこんなものをしかうスペースが必要なのではないでしょうか。

①ハンガー
②ピンチハンガー
③折り畳み式ドライラック
④洗濯ばさみ
⑤洗剤や柔軟剤
⑥洗濯ネット
⑦アイロン
⑧アイロン台

収納で気を付けたいのは容量です。しまいたいものがすべてしまえる高さと幅、そして使いやすい奥行にしましょう。さらに棚の高さが自由に変えられると便利です。

●湿気対策

室内干しでよくあるのは、『乾燥しにくい』など『部屋がじめじめする』といった悩みです。生乾きになりニオイが気になる原因にもなりかねません。

これを改善するには、湿気対策が必要です。
①換気する
②送風する
③室温を上げる
④除湿機やエアコンの除湿機能を使う
⑤床や壁を調湿効果のある素材を選ぶ

まず実践していただきたいのが、換気と送風です。窓の設置や計画的な換気はもちろん、サーキュレーターで送風したりするのもひとつの方法でしょう。

さいごに

ランドリールームとは、洗濯に関する家事をするための部屋です。設ける事で家事の効率化や動線の短縮が期待できるので、忙しい共働き世帯や子育て世帯に注目されています。

ランドリールームを活用すると室内干しがやりやすくなります。天候が悪い日や花粉の多い日にも大活躍するでしょう。
ただし、床面積と建築コストが増えやすい点には注意が必要です。

デメリットもしっかり知ったうえでランドリールームを計画していきましょう。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

▼▼施工事例▼▼

miyabiの事例一覧はこちら >> 施工事例

▼▼EVENT▼▼

見学会や相談会はこちら   >> イベント

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

資料請求ページはこちら >> Click Here

ご来店問合せはこちら  >> Click Here

 

一覧へ戻る
instagram
Pinterest