2021.10.14
インテリア

一畳で設置できるパントリーについて

食器や、食品を片付けるのに、あると便利なパントリー。
収納しやすいということもあり、最近では、ほとんどのリノベーション物件で取り入れています。

一方で、パントリーを設置したいものの、十分な広さを確保できないので、難しいのではという声も聞かれます。

パントリーは一畳のスペースがあるだけで、収納量も意外と広く取れ、設置可能と言われています。今回の記事では、パントリーの魅力や一畳スペースで作るポイントをわかりやすく解説します。
”収納スペースを増やしたい”という方や”使い勝手のよいパントリーをつくりたい”という方は参考にしてみてください。

パントリーの魅力について

1.買いだめを収納できる
冷蔵庫や戸棚の収納スペースに限界を感じた時に、パントリーがあれば、さらに多くのアイテムを収納できます。
通常の食品だけでなく、非常食や飲料水などの保管スペースにもなります。

2.一か所に収納できてスッキリ
パントリーは棚ごとの収納の工夫もできるので、整理整頓がしやすい、というメリットもあります。
ホットプレートやミキサーなどの調理器具、お米や麺類などの乾物、災害時の非常食など
ジャンルごとに分けて片付けることもできます。
友人や親族を家に招待するときなどの、特別な食器を使いたい、という方もいるでしょう。
パントリーに高価な食器のみをまとめて保管する、といった事例もあるようです。

1畳のスペースでパントリーを作るポイント

スペースが一畳に限られていても、工夫次第でスッキリと片づけられるでしょう。ここでは、一畳スペースでパントリーを作るポイントについてご紹介します。

1.使用頻度で分ける
パントリーには手の届きやすい場所と届きにくい場所があります。
手の届きやすい場所には、食器や調味料など、毎回の調理で使用する可能性の高いものをしまいましょう。
一方で、手の届きにくい場所にはアウトドアで使用するものや、非常食などをしまうのがおすすめです。
少しでも動く時間を短縮させることで使い勝手がよくなるでしょう。

2.重たい物は棚の下に保管する
毎回の食事でお米を炊くご家庭や、飲料水をまとめて購入する方にもパントリーが便利です。ただし、手の届きにくい高い場所に重たい物を保管すると、必要なときに取り出しにくく、落下などでケガをする危険性も。
重たい物は棚の下にしまうようにすることをおすすめします。

3.ボックスやカゴを使うことで整理整頓しやすく
見せる収納を意識しすぎて、パントリーの棚の上にそのまま保管する方も見かけますが、カテゴリーごとにボックスなどで分けて収納しておくと、物を取り出しやすく、探しやすいので、分けて保存しておくのもよいでしょう。

4.充電コーナーを考えておく
調理中にスマートフォンを使って音楽を聴いたり、レシピを調べたりすることも楽しいですよね。調理台に置くこともできますが、水や油が付着しないように気を付けたい場面も良くあります。
パントリーにスマートフォンやタブレットを置くスペースなどを作っておくと、充電の心配もなく便利に使えます。

5.可動棚にすると使い勝手が向上する
パントリーを使用していると、棚のレイアウトを変えたい、と思う時もあるでしょう。造り付けの棚は高さを変える事が難しいですが、可動式の棚は後からでも使いやすいようにアレンジできるので便利です。

まとめ

キッチンの食品や食器をスッキリと片づけたい方には、小さい一畳のパントリーはおすすめです。
是非お住まいづくりの参考にしてみてください!☺

一覧へ戻る
instagram
Pinterest