2022.10.19
リフォーム

リノベーションとリフォームの違いについて

言葉は知っていても、リノベーションに対するイメージはさまざまあるようです。
「リノベーションは、リフォームのオシャレ版」と思っている人もいれば、「リノベーションはリフォームの大規模版」と思っている人も。
逆に「リノベーションはリフォームの簡易版」という人もいます。
みなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか。

リノベーションをご検討中の方からも「リノベーションとリフォームって、なにがどう違うの?」というご質問をよくいただきます。

今回は、「リノベーションとリフォームの違い」をはじめ、リノベーションを検討する上で知っておきたい基礎知識をご紹介します。リフォームを検討している人も必見の内容です。

リノベーションとは?「一からつくり変える」

リノベーションとは、間取りから内装、そして配管などすべてをゼロから考え直しこれから住む人たちの暮らしに合わせてつくり替えることで機能を刷新し、新しい価値を生み出す改修のことです。
例えば間仕切り壁を取り払い光と風が通る広々としたリビングをつくる、ファミリー用のお部屋を一人暮らしに適した間取りや機能を刷新する、などです。

マンションの間取りは、ファミリーを想定した画一的な間取りになっているケースがほとんどです。個室が細かく区切られていて、これから住む人のライフスタイルに合わない部分が多くあります。
住む人によって「心地いい間取りやデザイン」は異なります。住む人の暮らしにあわせて刷新するのがリノベーションです。

リフォームとは?「新築の状態に戻す」

リフォームは、時間を経て汚れて古びた内装を新築の状態に近づけるための改修です。
例えば、剥がれた壁紙を張り替える、古くなったキッチンを新しいものに取り替える、などが挙げられます。
部分的・表層的な改装工事で古くなった住まいを新築当時の状態に原状回復するためにおこなわれます。

リノベーションとリフォームの明確な違いとは??

リノベーションとリフォームの明確な定義がないのです。
メディアやリフォーム会社リノベーション会社が、それぞれの解釈で使い和ているのが現状です。
どちらの言葉で表現しても間違いではないのですが、住まいに手を加える時の意図や目的で使い分けられています。

主要なリノベーション関連企業が加盟している『一般社団法人 リノベーション協議会』では下記のように定義・分類しています。

リノベーション:機能・価値の再生のための改修、その家で暮らし全体に対処した包括的な改修。

リフォーム:原状回復のための修繕・営繕・不具合箇所への部分的な対処。

さいごに

古い住まいをキレイにするというだけでなく、いまそのに住む人の暮らしにあわせてつくりかえるのがリノベーションです。
「お家でどんな暮らしがしたいか」を考えた上で、リノベーションやリフォーム、または新築や建て替えなど、自分に合った選択肢で検討してみてください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

▼▼施工事例▼▼

miyabiの事例一覧はこちら >> 施工事例

▼▼EVENT▼▼

見学会や相談会はこちら   >> イベント

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

資料請求ページはこちら >> Click Here

ご来店問合せはこちら  >> Click Here

 

一覧へ戻る
instagram
Pinterest